SHOP見るRSS | ATOM | SEARCH
日本で初めて出来たお酒はなんでしょうか?

ワイン2018

 蔵見学の質問で、たまに「日本酒はいつから造られるようになったのでしょうか?」と言う質問が出ますが、なかなかスムーズに答えられない分野です。折に触れて勉強しておりますが、なかなか簡単には説明できる物ではないようで、現在の製造に至るまで多くの変革が有ったようですよ。先ずは、日本で初めて出来たお酒はなんだったのか?から始まります。

 

 日本で初めて登場したお酒は何?・・・・現在から1万年以上の昔に氷河期が明け温暖化が進み海水が上昇、日本列島が大陸から離れて島国になりました。その温暖化のおかげで列島中に広葉樹林が広がり、旧石器時代の人達は、クルミやクリ、ドングリなどを拾って主食にしていたそうです。このころにはまだお酒は存在していたとは考えられていません。

 

 それは縄文土器が開発された縄文時代ではないかと考えれれています。土器の開発により、食生活が一変します。食料の煮炊き、貯蔵が可能となったからです。そして、昭和33年に長野の井戸尻遺跡から、山ブドウの種が入った土器が見つかったそうです。このことから、土器の中で貯蔵していた山ブドウが潰れて自然発酵してお酒が出来たのが始まりではないかと推測できます。

 

 つまり「山ブドウのワイン」が日本の最初のお酒と考えられ、土器の開発が有った「縄文時代」に日本で初めてお酒が出来たと言うことになります。

 

ホームページへのボタン

author:小堀安彦, category:豆知識, 06:32
comments(0), -
穏やかに発酵中

初夏2018

 先週は初夏を思わせる程の良い天気がありましたね。蔵の中の温度もそこそこの高い数値になりました。現在最後の「若狭自慢」の仕込み中ですが、何とか弊社の冷却機で品温を保持しております。

 

 加茂栄の仕込みの半分程度の総米なので、何とか冷却が間に合っているようです。あと十日程で絞れると思うのですが、気温が高い日などは心穏やかになれない時が有ります。出来る限りの手は打ってきましたので、必ず美味しお酒が絞れると確信しております。

 

 1本目の若狭自慢の冷酒もこの暑さのおかげで順調に出荷しています。もうしばらく穏やかに発酵中のタンクとお付き合いをする毎日です。

 

ホームページへのボタン

author:小堀安彦, category:つぶやき, 06:25
comments(0), -
ツーデーマーチ・センチュリーライド・鳥浜大運動会

いらっしゃいませ

 5月中旬以降、スポーツに関わる行事が目白押しです。明日から2日間は、若狭町を舞台にしたウォーキング大会の「第27回若狭・三方五湖ツーデーマーチ」。来週は「若狭路センチューリライド2018」。その翌週が集落の運動会「鳥浜大運動会」が有ります。

 

 「鳥浜大運動会」を除く先の二つの行事は、広域にわたっており、若狭町役場行政を含む各自治体の協力の元大々的に行われます。どちらの大会もおかげさまで認知度も高く、多くの方々に全国からおいでになっていただいております。

 

 若狭町は大きな基幹産業が無い代わりに観光資源の多い自治体です。その観光資源のおかげで、このような大会が長きにわたり続いております。さて、この大会にせっかく県外のお客様がおいでになるわけですから、大会以外でも若狭町に遊びに来ていただけるようになるとよいですよね。

 

 私の課題の一つは、「どうしたらもう一度若狭町に足を運んでいただけるだろうか?」です。今秋には50年ぶりの、第73回国民体育大会が9月29日〜10月9日に開催されます。当然初めて若狭町においでになるお客様がいらっしゃいますので、それまでに何度も若狭町に足を運んでもらえるような「おもてなし」を考えますね。

 

ホームページへのボタン

author:小堀安彦, category:つぶやき, 06:29
comments(0), -
田植え、次の酒造りがすでに始まっています。

田植え2018

 お酒の仕込みもあと少しで終わりを迎えるのですが、田植えが真っ盛りです。当然酒米の田植えも始まっています。つまり、来季の酒造の準備が始まっているわけです。自分は米を作ることが出来ないので、どのような苦労が有るのかが分かるわけもなく、ただただ無事秋に収穫していただくをことを願うだけです。

 

 農家が手間をおしまず作ってくれた米を、私たち蔵元が手間をおしまずお酒を造ります。けして、美味しいお酒は自分たちだけで造っているわけではありません。農家と蔵元の間には精米業者もおられます。それぞれが自分たちの仕事を全うすることによって美味しいお酒ができるのです。さらには瓶詰めされた商品がお客様の手元に届くには流通・販売業者の手も借りるわけですから、数えきれない人たちの手によってお酒は届けられるわけです。

 

 種もみから始まりお客様の手元にお酒が届くまでの事を想像すると、一大アドベンチャーになりそうです。お酒に限らずほとんどの商品に言えることだと思います。これをお読みなられているお客様に製造業の方がいらっしゃいましたら、自分の商品に照らし合わせてみてください。自分の商品にいろんな方の顔が想像できませんか?

 

ホームページへのボタン

author:小堀安彦, category:つぶやき, 06:30
comments(0), -
残る最後のしぼりは2本目の若狭自慢です

若狭自慢

 昨日加茂栄の絞りを終え、残すは若狭自慢の絞りを待つだけになりました。温かい気候の中での最後の1本です。若狭自慢は数年前から商品不足の傾向になり始めてきましたので、今季は2本の仕込みを行っています。出荷が増えるのは嬉しいことです。

 

 仕込みを2本に増やしたことで、課題も出来ました。お酒の製造は、必要な分だけを増やすことが出来ればいいのですが、そういうわけにはいかず、いきなり在庫が増えてしまします。なにせ、タンク1本分を増やすのですから。

 

 不足が解消されるわけですが、何も手を打たないと持越しのお酒として在庫が残ってしまいます。ビン詰め冷蔵庫管理をしておりますので品質に心配はないのですが、経営の面ではよく無い状態になります。

 

 さしあたっての手としては隔年で2本を仕込むことで在庫の調整をすることなのですが、せっかく増やすことが出来たので、もう少し出荷数量が増えるように何とかしたいものです。

 

 全体を増やそうとするといろんなリソースが必要になり小さな企業では根負けすることが見えてます。そこで商品を絞って戦略を立ててみるのが面白いかもしれないですね!

 

ホームページへのボタン

author:小堀安彦, category:つぶやき, 06:47
comments(0), -