SHOP見るRSS | ATOM | SEARCH
大吟醸と吟醸の違い

飲み比べ2019a

 来週から大吟醸の仕込みが始まるのですが、この2日ばかり春のようなお天気でしたね。後1日陽気な天気が続くと温度管理に苦労するところでしたが、今日から冬の天気に戻ります。まずは胸をなでおろしております。

 

 いよいよ大吟醸の仕込みですが、大吟醸についてお客様から次のような質問をよくされます。「大吟醸と吟醸の違いはなんですか?」、そこで今日はお酒の種類について簡単に説明したいと思います。

 

 お酒はまず大きく2つに分けることが出来ます。お酒を仕込み始めて、絞りの時期を迎える時に、醸造アルコールを添加してから絞ることが許されています。添加して絞ったお酒は、「アルコール添加酒」と言います。そして、添加せずに絞ったお酒は、「純米」と言う名前を付けることが許されます。

 

 次に、米の精米の違いで区別します。米を40%削り落としたもの、これを「60%精米の米」と言います。この米で製造したお酒には「吟醸」と言う名前を付けることが許されます。普通私たちが食べる白米は10%を削るだけですから、ずいぶん贅沢な飲み物といえますね。

 

 さらに半分に削り落とした米、これを「50%精米の米」と言い、これで製造したお酒には「大吟醸」と言う名前を付けることが許されます。

 

これに絞る時にアルコール添加をするかしないかで、「純米」と言う名前がついたりしますので、

 アルコール添加しないお酒

  純米   純米吟醸   純米大吟醸

 アルコール添加するお酒

  普通酒   吟醸酒    大吟醸酒

と言った区別をしています。

 

 お酒を飲むときに、これを思い出して友達に教えて上げましょう。感心してもらえるかもですよ!

 

ホームページへのボタン

author:小堀安彦, category:豆知識, 05:50
comments(0), -
Comment