SHOP見るRSS | ATOM | SEARCH
新しい酒米がそろそろ出穂

酒米2019a

 福井県農業試験場が、県酒造組合とともに昨年開発した大吟醸向けの酒米「さかほまれ」の生産に向けた豊作祈願が今年の425日に福井県大野市の篠座神社で行われました。そして5月に田植えが行われ、つい先日「令和元年さかほまれ現地研修会」が行われました。

 

 小雨の中、4ヶ所の田圃を見せていただきました。背丈が7080僂箸覆蝓⊇佇罎了期を迎えているとのことでした。

 

 9月には刈りいれとなり、酒米としていよいよ出荷されます。そして今年の酒造で各お蔵さんが新しい商品のための仕込みが行われます。弊社もいよいよ新しいお酒が一つ増えることになります。

 

 来年の新酒祭りには皆様に飲んでいただけるはずです。待っててくださいね。

 

ホームページへのボタン

author:小堀安彦, category:つぶやき, 06:33
comments(0), -
暑くても幸せに過ごせますように

かば焼き2019

 そろそろ梅雨も明けると思いますが、暑い日が続いており冷たい物が欲しいですね。ジュース、アイスクリーム、冷やしそうめん等々。

 

 弊社は酒蔵なので、冷酒をお勧めするのですが、今月の27日、土用の丑の日のウナギ料理と合わせてみてください。お勧めするお酒は、「冷酒加茂栄」。コクのある甘みは氷温近く冷やしても美味しくお飲みいただけます。

 

加茂冷酒3本

 

 アツアツのウナギ料理とよく冷えた「冷酒加茂栄」。大切な家族と一緒に、それとも大事な方とご一緒に御歓談下さい。暑さも吹き飛び幸せな時間が過ごせると存じます。

 

ホームページへのボタン

author:小堀安彦, category:つぶやき, 05:11
comments(0), -
有難うございます女神さま!

自由の女神2019

 スマートフォンの電源が突然入らなくなりました。ほんの1時間前には使っていたのに突然の出来事です。土曜の夜の8時過ぎだったので、メーカーとの連絡は出来ないよねと半ばあきらめておりました。

 

 何かサポート情報が無いかとメーカーのサイトで調べ始めたところ、なんとこの時間でも、電話によるカスタマーサービスが有るではありませんか。

 

 そこに行きつくまでは、複数の作業が必要だったのですが、電話でやり取りが出来るのは非常に助かります。最終的に、原因はわからなかったものの復帰することが出来ました。対応していただいてくれたのが女性でしたので、心の中では「おお女神さま」と感謝いたしました。

 

 電話のカスタマーサービスはほとんどが平日だったはずだったのに、今や24時間体制を行うところまで来ているようです。裏方の仕事なので普通は利用する事が無いのですが、お客様に何かあった時の為にと言う企業の営業の一環なのでしょうね。

 

 治った時の気持ち、「有難うございます女神さま、あなたの会社のスマートフォンで良かった!」

 

ホームページへのボタン

author:小堀安彦, category:つぶやき, 06:20
comments(0), -
酒米と私たちが食べている米の大きな違い

米2019

 現在お米は精米された商品が一般になりましたが、玄米を購入してコイン精米機などで自分で精米されている方もいらっしゃるとお思います。私もそうです。そして精米した米って温かいですよね。

 

 これは、米を削る時に生じる摩擦熱によるものです。通常食用の米を削るのは10%程度ですが、もし、大吟醸のように50%削ろうとするとどうなるでしょうか?当然、摩擦熱により高温になり水分が失われはじめ、割れ始めてしまいます。

 

 割れた米では、思い通りの仕込みが出来なくなってしまいます。そこで必要になるのが「酒米」です。私たちは綺麗なお酒を造るためには米を削る事が有効で有ることを知っています。しかし削っている最中に割れてしまう米では意味が有りません。

 

 品種改良を行い、たくさん削っても割れづらい!、またその削った米を水に浸けても割れづらい!と言う特性に特化したものを「酒米」と称して、特醸酒の仕込みに好んで使用します。これが酒米と食米の大きな違いです。世界に通用するお酒が出来るのは、品種改良により登場してきた酒米が有ってこそなのです。

 

ホームページへのボタン

author:小堀安彦, category:豆知識, 06:50
comments(0), -
今週、最後の仕込みが始まります。

31by終わり

 今日から最後の仕込みが始まります。仕込むお酒は2本目の若狭自慢になります。1本目は今月の頭に絞り、瓶詰めも行いすでに販売中です。1本の仕込みではすでに足りなくなってきましたの2本造るようになりました。大変嬉しいことです。

 

 昨年の10月から仕込み始め、やっと終わりが見えてきました。このお酒の絞りが終了するのは5月末の予定ですので、8ヶ月の醸造期間になります。今週末から10連休のスーパーゴールデンウィークが始まりますので、今度は販売の方に力を割り当てます。

 

ホームページへのボタン

author:小堀安彦, category:つぶやき, 06:46
comments(0), -