SHOP見るRSS | ATOM | SEARCH
第12回収穫感謝祭

ジビエ収穫感謝祭2017

 ジビエと言う言葉をご存じでしょうか?

ジビエとは狩猟で得た天然の野生鳥獣の食肉を意味する言葉(フランス語)です。日本では狩猟の対象となっている野生鳥獣は全てジビエとして定義されます。代表的なところでは「シカ」「イノシシ」「カモ」「キジ」といったところです。

 近年日本では野生鳥獣が増えすぎてしまい、農作物を食べたり田畑を荒らしたり、スギ、ヒノキやブナなどの樹皮や高山植物を食害するなど、農林業や自然環境にとって大きな問題になっています。そこで狩猟や有害捕獲されたシカやイノシシを野山に廃棄することなく、食肉として有効活用を図り、地域及び大都市圏の飲食店でのジビエ料理の提供、加工品開発と販売、環境保全に関わる取り組みなどを通じて、鳥獣被害対策や地域活性化に貢献できる取り組みを行っています。

 野生鳥獣の料理と言うと野蛮なイメージを持つのですが、ヨーロッパでは貴族の伝統料理として古くから発展してきた食文化です。

 そしてこの収獲感謝祭は、有害獣の名のもとに捕獲殺処分される運命のシカやイノシシの肉を、その命に感謝し、かつ、なかなか入手しにくいジビエをいろんな人に食べてもらい、身近なものに感じてもらいたいという、獣肉の利活用と普及を図るために開催しているイベントです。

 弊社も今年で3回目の参加となります。4月2310時から渓流の里にて開催されます。興味のある方はぜひ一度おいでください。詳しくは下記記載のURLより。

www.samgha.jimdo.com

 

ホームページへのボタン

author:小堀安彦, category:イベント, 07:37
comments(0), -
若狭のカクテルUmany

Umany販売

 先日の土曜日(2016/11/26)福井駅前ハピリン2Fの「福福茶屋」で、9月のブログで紹介させていただきましたお酒と梅酒のカクテル「Umany」の提供が始まりました。

 清酒でカクテルはあまりなじみないのですが、結構な数の物が存在します。たいてい飲める場所はバー等が主なのですが、今回は「福福茶屋」と言うお客様の層が広い場所での提供です。初日当日はエコファーム様と一緒にご挨拶させて頂きました。お客様の反応も上々です。あとはお客様に御ひいきされることを祈るだけです・

 ちなみに清酒と梅酒のカクテルはまだ少ないので、Umanyが清酒と梅酒のカクテルの代表作になるとうれしいですね。その時は「若狭のカクテルUmany」では無く「福井のカクテルUmany」にと呼びたい!

 

 

Umany

Umany レシピ

「梅好きにオススメしたい渾身のカクテルです。約170年の歴史を持つ希少価値の高い紅映梅をふんだんに使いました。深みと爽やかな旨味が感じられる、口いっぱいに“梅いっぱい”広がるカクテルはいかがでしょうか。」

材料(1人前)

若狭自慢…30ml 若狭美水…30ml

BENIサイダー…90ml 梅の実

作り方

’澆亮造鮑戮く刻む。

▲哀薀垢帽錣鵑税澆亮造鯑れて、若狭自慢・若狭美水・BENIサイダー注ぐ。

ストローを添える。

 

ホームページへのボタン

author:小堀安彦, category:イベント, 07:12
comments(0), -
秋の地酒フェスタ 2016

秋の地酒フェスタ2016

 10月2日(日曜)11時から午後4時まで、福井駅前アップルロード(西武福井店近く)で秋の地酒フェスタを執り行います。チケット制で 前売り券:2,000円 当日券:2,500 いずれもグラス引換券+ひと綴りチケット付き。

 メインになるのは「ひやおろし」と言うお酒ですが、弊社はまだこの手の商品がないので、大吟醸と純米吟醸をご提供させていただきます。

 さて「ひやおろし」とはなんなのでしょうか?実はその定義にはいろいろと諸説がありますが、日本酒の業界用語としては本来春先に搾った新酒を「火入れ」し、 桶に囲って秋まで貯蔵して、外気と蔵内の温度が同じになる秋口の頃、2度目の火入れを せず(涼しくなり2度目の火入れをせずとも品質が保てるので)冷やのまま樽に卸したお 酒のことをいいます。『参考:ひやおろしの一般的な定義(醸界タイムスから一部引用)』

 ただ、これを守ったもののみが「ひやおろし」と言うわけではなく、各県の組合や、蔵元の考え方の違いにより、全国で統一されていないのが実態です。でも秋口に美味しいお酒を提供すると言う姿勢はみなさん一緒です。

 弊社も2年前に「ひやおろし」の検討を始めました。昨年から、自分で決めたルールで試作。不具合を洗い出して今年も試作。ある程度管理ができそうなところまできましたので、今年の出荷ができるかなと思いましたが力及ばず間に合いませんでした。

 来年は10月1日の出荷から逆算して予定を組みたいと思います。

 なにはともあれ、10月2日には多くの方のご来場をお待ちしております。

 

ホームページへのボタン

author:小堀安彦, category:イベント, 06:36
comments(0), -