SHOP見るRSS | ATOM | SEARCH
酒米の地へ

酒米の地へ

 去る8月18日に酒米栽培圃場の見学にいってまいりました。場所は福井県大野市、天空の城 越前大野城のある街です。山間にありきれいな水が豊富であるため、多くの米が生産されております。また『五百万石』をはじめとする良質な酒米は、福井県内はもとより灘・伏見など、全国の銘酒の産地へも出荷されているとのことです。

 酒米栽培圃場に行く前に、生産者(JAテラル越前)技術者(福井農業試験所)加工メーカー(酒造メーカー)が集まり意見交換をします。弊社は精米されている米を買い付けるだけで、米の特徴は知っていても生育に関しては教えを乞うだけです。今年で原料米委員を拝命し3年目。少しずつ米のことを知ることにより、清酒の製造にもなにかしらのプラスになれば幸いであろうと田圃を見てきましたよ。

 話が変わりますが、私はカツ丼が大好きです。卵でとじた和風カツ丼に福井県で生まれたソースカツ丼両方食べます。実はこの大野ではご当地グルメとして、醤油カツ丼があります。どの様なものかと言うと、

 (^羝内産の醤油で作られた醤油カツ丼のタレを使用すること。

◆.ツを盛ること揚げる素材は問わない。

 野菜を盛ること薬味的なものではなく主役級の盛り方が必要。

と言うルールで作られたものです。おかげ様で、店ごとに内容が変わります。もし大野へ行かれるようでしたら、一度お試しを。

 

ホームページへのボタン

author:小堀安彦, category:会社の仕事, 06:23
comments(0), -
お盆直前!貯蔵出荷管理の技術相談2016

飲みきり2016

 梅雨があくこの時期に、お酒の貯蔵出荷管理の技術相談をお願いしています。お酒は火入作業による熱殺菌を施して1年以上をタンクで管理しておりますが。何らかの不備があると、この時期に火落ち菌が発生して酒質が劣化いたします。そのため、まだ未開封のタンクも含めてお酒を採取し、分析や試飲を行い品質の確認を行います。  ここまでが本来の技術相談ですが、もう一つ相談に乗ってもらっています。今現在弊社でクリアーしたい事象があり、それの改善に向けての相談をいたします。すぐに回答が見つかるわけではありません。有効と思われる手段を選択し、今回の仕込みで実践します。よくても悪くてもデーターを残して、来年のこの機会に再び相談します。

 こうして、弊社の商品は育っていきます。おかげさまで今年も良い評価を頂きました。今年の冬もがんばって良いお酒造りますね。

 

ホームページへのボタン

author:小堀安彦, category:会社の仕事, 16:48
comments(0), -
ごちぽん当選商品の発送
ゴチポン発送.jpg
 81日のブログでスマートフォンアプリの「ごちぽん」の事を書かせていただきました。81日から910日までの応募期間が終了し、週末に当選者さまの一覧表がメールでとどき、無事発送も終わりました。
 ネット上での情報の発信方法の種類を増やしていく為に、今回の事を必ず会社のノウハウとなるように整理分析をしなければなりません。
ホームページへのボタン  
author:小堀安彦, category:会社の仕事, 14:05
comments(0), -